国内より海外のバイナリー?

国内より海外のバイナリー?

バイナリーオプションは国内と海外でその取引環境が大きく変わります。国内も寂れているわけではありませんが、それでもバイナリーオプションでの取引といえばどちらかというと海外の方が目立っている傾向にあります。確かに業者の数でいえば国内と海外では相当な差がありますが、実際に理由はそれだけでなく、そうなってしまっている原因として国内には規制が敷かれていることにあります。

国内も少し前は規制がなく海外と似たように取引していくことができていたのですが、現在は規制のお陰で取引環境がガラリと変わってしまい、口座開設をするには他の投資の経験が一定以上必要であり、更に試験を受けて合格しなければいけません。取引する際も取引時間に制限が付いてしまっているお陰で1日の取引回数が決まってしまっており、そのお陰で出せる利益も限定されてしまっています。

一方で海外の場合は規制がないために口座開設も難しいことではなく、取引も制限時間がないため1回取引した後にすぐに取引をすることができます。おまけに24時間できるため本人の生活スタイルにかかわらず取引していくことが可能です。

取引時間の制限もないため取引ルールの中には短時間で結果が出るものも存在し、それを利用することで取引回数をかなり多くすることができます。こうした利益を出しやすい意味で海外が選ばれているのでしょう。

とはいえ海外も規制がないために問題のある業者が存在したり、入金と出金の手間がかかってトラブルも多いという欠点があります。国内と海外、どちらを利用するかは本人次第ですがメリットもデメリットも理解して利用するようにしましょう。