マイナンバーはバイナリーオプションに影響する?

マイナンバーはバイナリーオプションに影響する?

マイナンバーはバイナリーオプションに影響する?

マイナンバー制度で副業収入がばれる!?

最近の国内ではマイナンバー制度というものが実施されました。このマイナンバー自体は海外でも使われているものであり番号によって人の情報を管理するため何かしら情報を管理するのに役に立つ制度ではあります。最も国内ではこのマイナンバーに関する漏洩問題も出てきているためその未熟さが露呈してしまっていますが。

このマイナンバー、バイナリーオプションに関して何か関係があるかどうかというと関係がないわけではありません。このマイナンバーは個人の情報を管理しやすくするものであり逆に言えば今まで隠し通せていた情報が筒抜けになるということになるのです。そのためもし仕事をしていたバイナリーオプションを副業として行っていた場合には「副業をしている」ということが一発でバレることになります。これが副業禁止の公務員となれば問題となるのは想像に難くありません。

そうでなくても副業をして収入を得ているということが分かっているため確定申告をして納税をしなければいけません。バイナリーオプションでの納税は副業でしている場合には20万、仕事をしていない場合には38万を超えれば対象となります。しなければならない納税は稼いだ金額の20%となっていますがこのマイナンバーが導入されることで今まで金融所得として判断されていたこの納税が総合所得として扱われる可能性が出てくるのです。

総合所得に変わることでの影響

総合所得になってどういう影響があるかというと総合所得は稼いだ収入によって納める割合が変わることになります。195万以下であれば5%となっていますがそれを超えて330万以下だと10%、695万を超えると20%を超えた23%になり最大なのは4000万を超えた時であり45%も納税しなければいけなくなるのです。そのため稼げば稼ぐ程持っていかれる金額が増えるということになります。最もバイナリーオプションであればそこまで多額に稼ぐのは上級者でなければ難しいため数百万そこらで済ませる人間であればそこまで大きな影響はありません。しかしバイナリーオプション以外で利益を得ていたとなると多くなる恐れが出てきます。

この総合課税になるかどうかは現時点ではまだ可能性の話であるため考える必要はありません。しかし今後総合課税になる可能性があるということだけ自体は頭に入れておいた方がいいでしょう。しかしここまでマイナンバー制度による影響を書いてきましたが見て分かる通りに税金に関わる部分で影響が出るものでありバイナリーオプションで取引をしていくこと自体の影響はありません。そのため取引に関しては今まで通りに考えてよくマイナンバーによる影響は気にしないでいいでしょう。